バッティング飛距離アップのための手首(リスト)の鍛え方3選!!

「あの選手はリスト(手首)が強い!」「リスト(手首)が強いから、あんなに低いボールが打てるんです」などと解説者が言っているのを聞いたことがあります。

確かに手首が強いとバッティングには有利のような気がします。そのため筋トレで頑張って手首を鍛えてる選手をよく見かけます。

さて、今回は「バッティングの飛距離アップのための正しい手首の鍛え方」をお伝えしたいと思います。

その他にもバッティングでは「前の手」か「後ろの手」のどちらが重要なのかもお伝え致します。

これはバッティングの際に、手首がうまく使えるかどうかにも非常に大きく関係しているので大切になります(>_<)!

バッティングの飛距離アップにはボールに負けない手首の強さが必要!

バッティングの飛距離アップには手首の強さが必要になります。

フルスイングに負けない手首の強さ、ボールに負けない手首の強さが必要です。

フルスイングするときに手首が弱いと、スイングに耐えられず手首を痛めてしまう可能性があります。

またバットの芯を外したときや、速いボールが来たときにも手首に大きな負担がかかり痛めてしまう可能性があります。

そのためにバッティングには手首の強さが必要になります。そしてスイングスピードが速くなればなるほど、それ相応の手首の強さが必要になってきます。

バッティングでは左右どちらの手が重要?前の手?後ろの手?

バッティングでは「前の手」「後ろの手」どちらの手が重要だと思いますか?

それは「後ろの手」です。

・・・「前の手」じゃないの?という方もいらっしゃると思います。

「前の手」でバットを引っ張ってくるから、こちらのほうが重要といわれることが多いです。「前の手」だけでティーバッティングする動画もよく見かけますよね。

しかし「前の手」を意識して引っ張ってくると、手首は寝てしまい起きにくくなってしまいます。

するとバットのヘッドが下がってしまい、ボールに手首が負けてしまいます。

そのためバッティングの飛距離を伸ばすにはどうしたらいいのでしょうか?それは・・・

「後ろの手」を意識して「後ろの手」で押し込むようにする!

ホームランを打った選手が「今のはうまく押し込むことができました!」と言うことがあります。これは「後ろの手」で押し込むことを指しています。

こうするとバッティングで力が伝わりやすくなり、身体の構造上、手首は立ちやすくなりバットのヘッドが下がりにくくなります。

するとボールに負けずに、強い打球を打ち返すことができるようになります。

このように「前の手」で引っ張るよりも「後ろの手」を意識して押し込むようにするほうが、バッティングの飛距離アップにつながります!

だから右投げ右打ち・左投げ左打ちのほうが利き手が「後ろの手」になるので、「後ろの手」を意識しやすくなります。

「後ろの手が利き手」のバッターにホームランバッターが多いのもうなづけますよね。

実際に、歴代最多本塁打では1~20位まで右投げ左打ちはたった1人で、その他19人は「右投げ右打ち・左投げ左打ち」です。

利き手が「後ろの手」なので意識しやすく、しっかり押し込めるので、自然とバッティングの飛距離が伸びたんですね(^-^)

日米通算507本塁打の松井秀喜も日本ではよくホームランを打てていましたが、メジャーではホームランが減少しています。松井は

「メジャーでホームランを打つためには外角の球を逆方向に打てる技術とパワーが必要。そのためには左手(後ろの手)の押し込みがキチッとできないとダメなんです」

引用元:ウィキペディア

と語っており、松井は右投げ左打ちなので押し込む左手(後ろの手)をうまく使えずに苦労していました。

左手の押し込みがキチッとできるように、メジャーに行ってからは「左手の筋トレ」や「左手で箸を持つ」など、左手をうまく使えることができるように努力していました。

手首は鍛えてすぎてはいけない!?

バッティングの飛距離アップには手首が強くないといけないのですが、だからといって筋トレで手首を集中的に鍛え過ぎてはいけません。

パフォーマンスの向上には、体幹または体幹に近い部分の筋肉が太く、末端にいくにつれて細くならないといけないのです。

末端である手首や前腕の筋肉が太くなると、どうしても動きが悪くなってしまいます。

足であれば、足首やふくらはぎか太くなると動きが悪くなってしまいます。

なぜ動きが悪くなるのかというと、末端が重くなってしまうからです。

試しに、手首や足首に500gでも1kgでもいいので「重り」を付けてみて下さい。その状態で素早く動けますか?動けないですよね。

短距離走の黒人選手を見てるとよく分かりますが、股関節周囲や肩周囲は太いですが末端にいくにつれて細くなっていきます。

実は素早く動くには、あの体がいいのです。

手首や前腕を鍛えすぎると末端が重くなって素早い動きができなくなり、結果的にバッティングにも悪影響が出てしまい飛距離アップも目指せません。

バッティングだけじゃなく、守備や走塁にも悪影響が出てしまいます。

だから素早くスピーディーに動きたければ、末端部分の鍛えすぎるのは、あまりおすすめできません。鍛えすぎると野球のパフォーマンス低下につながってしまいます(^^;)

また手首や前腕が太く重くなると「重り」を付けているのと同じになるので、肩や肘にも大きな負担がかかりケガや故障の原因にもなります。

バッティング飛距離アップのための手首の鍛え方

でも「強いボールに負けない手首を作りたい!」ならどうすれば良いのでしょうか?

・・・それは「バットスイング」をするのが1番です。

バットスイングをすると自然と手首も強くなり、ボールに負けない手首ができあがりバッティングの飛距離アップも期待できます。

バットスイングでは全身が使われるので、手首だけじゃなく全身がバランスよく鍛えられます。そのため末端の筋肉ばかりが太くなることはありません。

ではどういった鍛え方が理想的なのでしょう?

バッティング飛距離アップのための理想的な手首(リスト)の鍛え方3つをご紹介します(^^)

1,後ろの手だけのティーバッティング

これはよく小笠原道大がしていました。小笠原道大は高校通算0本塁打からプロ野球では10度の30本塁打以上を記録した日本を代表するバッターです。

小笠原は1キロのバットに1キロの重りをつけ、左手(後ろの手)だけでティーバッティングをしていました。他の若手がやると5球でギブアップだったといいます。小笠原はこの片手ティーバッティングを

「いきなりフルスイングすると壊れてしまうので、イメージ通り振るための確認作業・準備運動」

と言っていました。でも準備運動で合計2キロのバットを片手で振るなんてすごいですね(>_<)これで自然と手首も鍛えられたと思います。

小笠原は右利きなのでどうしても左手がの押し込みが弱くなります。

しかし左手だけの片手ティーバッティングなども行ったおがげで左手(後ろの手)の押し込みが強く、流し打ちをしても飛距離がすごく伸び逆方向へのホームランも多く打っています。

3割以上12回で首位打者・最多安打も2回ずつで、飛距離がすごいだけでなくヒットも量産しています。

2,軽いバット・重いバットのバットスイング

軽いバットを振ると、いつもよりバットが速く振れます。すると、この速いバットスイングを体が覚えてくれます。

そして重いバットのを振ると、筋力が強くなります。

軽いバットで速いバットスイングを覚え、重いバットので筋力をつける。この繰り返しでスイングスピードが速くなります。

これは科学的に証明されており、バットの重さは12%軽いバットと12%重いバットが効果的といわれています。

スイングスピードが速くなるということは自然と手首の負担も大きくなりますので、それにともない手首も強くなります。

スイングスピードが速くなるので、ボールに伝わる力も多きくなり、当然バッティングの飛距離もアップします。

3,バッティング練習は常にフルスイング

これはすごく重要です。フルスイングすることで手首は自然と強くなります。しかもフルスイングすると、ミートもしやすくなりバッティングの飛距離も伸ばすことができます。

来たボールに対してタイミングよく、常にフルスイングできるバッターは、打率もよくホームランも量産できています。

最近で言えばソフトバンクの柳田悠岐ですね!でもやっぱり元祖フルスイングといえば小笠原道大ですね(^-^)

この二人は打率も高く、ボールを強く叩くことができているので飛距離もありホームランも量産しています。

下半身主導で頭をなるべく動かさず、身体の回転軸がブレないようにフルスイングすることが大切です。

まとめ

バッティングの飛距離アップにはボールやスイングに負けない強い手首が必要ですが、強い手首が必要だからといって筋トレをするのはおすすめできません。

必要以上の手首の強化はバッティングにマイナスになります。

「意識して手首を鍛える」のではなく、それよりも日々のバッティング練習で「自然と手首が鍛えられる」というのが1番です!

そのために

  1. 後ろの手でのティーバッティング
  2. 軽いバットと重いバットのバットスイング
  3. フルスイング

がおすすめです。

また手首を意識しすぎてバッティングをすると手首がリラックスできず緊張してしまい、ぎこちないスイングになってしまいます。

バッティングの飛距離は手首の強さだけでは決まりません。

身体全体を使ったフルスイングを心がけて下さい!そうすると自然と手首がうまく使われ適度に鍛えられます(^^)

最後までご覧いただきありがとうございます。皆様が今よりも良くなるように願っております。

また宜しくお願い致します。

こちらもご覧下さい!→プロもやってるバッティング飛距離アップのための練習とは?